水素水で健康になれる?

水素水を生活に取り入れている人は美しく、健康というイメージがありませんか?

水素水を飲むことがどんな風にカラダにいいのか?
どんな風に効果があるのか?
について考えていきましょう。

水素水=健康というイメージのワケ

水素が持つ健康面での効果は、「抗酸化」です。
体が酸化するというのは、悪玉活性酸素によって健康な細胞が傷つけられている状態。
新陳代謝がスムーズに行えなくなるので、肌が荒れたり疲れが溜まりやすくなったりします。

水素は、体内に取り入ると悪玉活性酸素とくっついて水に変化。
細胞にとって悪い作用をしなくなる=抗酸化を促がす効果に優れているので、正常な細胞の活動や新陳代謝をサポートしてくれるのです。

代謝活動が活発になるということは、体内の古い組織を新しく生まれ変わらせていつも最良の細胞状態を保てるということ。
生命活動をベストコンディションで行えるので、自然と体に生じるメリットも増えてきます。

水素水で健康ライフ

それでは、水素水を飲む習慣がどんなメリットをもたらしてくれるのかについてみていきましょう。

生活習慣病の予防

病気を予防して健康に

悪玉活性酸素が増えると、血液や血管の環境が悪くなってしまいます。
たとえば、動脈硬化はコレステロールの過剰摂取が原因ですが、コレステロールを血管内で変性させるのは活性酸素。
変性コレステロールが増加すると、血管をきれいにしようとするマクロファージによってどんどん吸収されていきます。しかし、変性コレステロールを取り込みすぎたマクロファージは死んでしまい、飛沫細胞へと変化。
増えすぎた飛沫細胞によって血管内部が狭くなり、血液がスムーズに流れにくくなってしまうのです。そして狭くなった血管に血栓がつまると、脳梗塞や心筋梗塞を発症。

コレステロールの摂取はもちろんですが、そこに活性酸素が加わることで血管内膜に変性コレステロールの死骸(飛沫細胞)を増加させてしまいます。
つまり、活性酸素がコレステロールに作用しなければ、血液や血管の環境を悪化させることは予防できるということ。

水素の抗酸化作用によって活性酸素を無害化することは、生活習慣病の予防につながっているんですね。

疲労を溜めないカラダに

“疲れ”を感じる原因は、自律神経の過労と言われています。
自律神経には、日中の活動を司る交感神経と夜間の休息を促がす副交感神経の2つがあります。
仕事や勉強に集中したり体を動かす際に体温や心拍をコントロールするのが交感神経で、作用が過剰だったり長時間に渡ると神経細胞内で活性酸素が発生。
この活性酸素によって健康な細胞が攻撃され、疲労因子となるたんぱく質ができてしまいます。
疲労因子ができなければ疲れない、つまり活性酸素の発生を抑えることができれば疲れにくくなるということですね。

疲れをとりたい

水素水を飲む習慣は、体内に活性酸素を溜めないということ。
活性酸素が増えなければ疲労因子の増加も抑えられます。

「最近疲れやすくなったな…」
「寝ても翌日に疲れを引きずっている」
という人は、水素を摂取することで体調の変化を実感できるでしょう。